岩と藻との攻防(岡本テスター)

【岩と藻】
ロッド:SHIMANO ビーストマスター13ft3.5lb
リール:SHIMANO ブルズアイXT9080
ロッドポット:FOX レンジャーポット
バイトアラーム:FOX NTX-r
ライン:NG-R22lb
リーダー:PROLOGIC MIRAGEシンキングループリーダー100cm(45LB)
リグ:NGWG♯4 ブローバックリグ(23cm)
フィーディング:ロビンレッド20mm
フックベイツ:ロビンレッド20mm
レポート:(原文)少し前ですが河口湖に行ってきました。大会時より若干増水傾向で天候は雨。晴れている日より最低気温と最高気温の差があまりない状況でした。
水温もかなり下がってきているので、シャローに残る魚は限定的になるはずだと思いました。アタリは少なくても良型が期待できるシャローを選択!
シャローと言っても2~3mとかのシャローではなく、水深80cmぐらいのシャローです。入ったポイントは物凄く濃いウイードの中に大小の岩が点在しているところで、そのウイードの手前を狙う釣りです。
そんなポイントなので走った瞬間にウイードの中を潜られるのが想定出来たので、タックルは強めでないとウイードから抜いてこられません。また、ウイードと岩のセットなので竿の操作で岩はかわせませんのでラインも16lb→22lbに強化しました。
ここで問題なのがリーダー部分です。
私は通常レッドコアの使用頻度が高いのですが、レッドコアに求めていることは真っすぐ底に這わせるためと、絡みにくくなることだけです。
実はレッドコアは岩やコンクリートなど硬い物には非常に弱いです。編み糸と鉛で出来ているので、耐摩耗性という面ではナイロンラインの方が遥かに強いんです。あとよく使われるリグチューブは硬い物には強いですが、中のラインがたるむとウネウネしてしまいますし、直ぐズレるという短所があります。
今回のポイントはウイード+岩なので、走られるとウイードですぐにリグチューブはズレることになり、一番肝心な先端の部分がラインだけになってしまいます。
そこで今回はPROLOGIC MIRAGEシンキングループリーダーを使うことにしました。これを使えば岩などにも強く、ズレない、しっかり沈むことができます。
結果的に大好きなロビンレッドを使い、岩に擦られながらも数本のクオリティーフィッシュを釣ることができ満足な釣行になりました。